合宿免許を利用した場合の取得期間

普通自動車免許を取得する場合、通常の自動車教習所では最低でも1ヶ月半程度の期間を必要とし、繁忙期は更に長くなります。常に教習車が空いているわけではないため、技能講習のスケジュール調整が難しいことが原因ですが、合宿免許は学科と合わせて最短になるようスケジュールが組まれるため、早ければ2週間程度で普通自動車免許を取得することができます。
取得に掛かる費用が安いのも、合宿免許のメリットです。宿泊施設や送迎バスとパックになっているものも多く、短期集中型の人には最適です。
具体的には、第1段階は修了検定を含めて約一週間、第2段階も卒業検定を含めて約一週間で合計二週間、試験場での学科試験が1日間です。技能講習は、第1段階では1日2時間までと決められているため、最初の6日間から8日間で技能講習を実施し、7日目に修了検定を受験、この間に必要とされる学科を全て受講します。
第2段階に入ると一日の技能講習が3時間まで認められているため、第2段階もやはり一週間程度で完了させることができます。このため、修了検定と卒業検定を1回でクリアし、自動車運転試験場での学科試験も一発で合格することで、約二週間での免許の取得が可能となります。
通常のコースでも、閑散期であれば短期間で取得できる場合がありますが、事前に卒業までのスケジュールが組まれるかあるいは優先的に技能講習ができる合宿免許と違い、直前にならないとわからない部分もあるため、合宿免許の方が確実と言えます。